【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

皆さんこんにちは、そばえです。

新型コロナウィルスの猛威と暑い日が続いていますが皆さんはご体調など崩されていませんか?日中と夜で気温の差もありますので、身体のほうご自愛ください。

さて今回は昨日5月12日に行われましたVRC学園の1日目「VRC文化学」の講義についての記事です。

僭越ながら私が講師として皆さんに授業をしたのですが、ここで改めて私の授業に時間を割いていただきありがとうございました。これから個人的にも是非絡んでくださいませ!

逆に今回来られなかった方々のため、イベントに気づいていなかった初心者の方、VRChatに慣れた方でも改めて自分と照らし合わせて確認したい方は是非最後までご覧ください。

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

私立VRC学園とは?

チュートリアルワールドに行ったりして操作とかは何となく分かったけど、VRChatで何したらいいか分からないという初心者の方を主な対象としてVRChatにある文化、イベント、コミュニティなど分野別に講師が講義を行うイベントです。

詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

今回の第0期ではVRC文化学、ボイチェン講座、ダンス講座、日常英会話という4部門での開催となりまして、昨日5月12日には私がVRC文化学の講義をさせていただきました。

ではVRC文化学について見ていきたいと思います

VRC文化学とは?

名前だけ見ると難しい事やるのかなと思いがちですが、VRChatを含むVRSNSなどのコミュ障なりのコミュニケーションについての授業です。

これをやるようになったのは学園長のタロタナカさんと大将さんに強く背中をプッシュされた事が半分、もう半分は運営しているブログでの検索ワードのデータに「VRChat つまらない」でWeb検索している方がいた事、それを詳しくエゴサしてみるとコミュ障にはキツい世界というニュアンスの言葉が出ていた事が講師をやろうと踏み切った理由です。

VRChatを含むVRSNSでは声やジェスチャーなど何かしら表現してコミュニケーションを測らなければいけません。だからこそヒトと話すのが苦手であったり、コミュ障だと厳しい、十分に楽しめない事が原因かと思いました。

全ての意見を救う事は不可能なので、私に出来る範囲=コミュ障なりのコミュニケーション術を参考資料やきっかけとして提供出来れば、初心者さんで自分のコミュ障に悩んでいる方、話すのが苦手だけど話したいという方の助けにならないかと考えました。

ちょうど自分のブログでもVRChatでのコミュニケーションについてまとめた記事があったのでそこから要点だけをつまんでまとめたものを提供したのが授業の経緯です。

授業の様子

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

あくまで参考程度に、と話した内容でしたが正直なところあくまで持論だと批判されないかと怖かった、緊張したのが事実です。

ですが1組、2組の参加された皆さんはしっかりと授業を受け止めてくださったのでやっているこちらとしても出来る限りの思いを伝える事が出来たかと思います。

授業の要点だけ纏めると

コミュ障を改善するには時間がかかる事を受け入れて向き合う

改善を頑張ってる途中で疲れたらしっかりと休む。休んでる間は頑張らない。

自分の行いを客観的に見て、それを現実でもやっても大丈夫かを自問自答をする

という事です。私の授業が皆さんにプラスの影響を与えられていれば大変嬉しいです。本当にありがとうございました。

では次に色んな事情で「行きたかったのに行けなかった」という方向けに今回の授業をする上でメモ代わりにしていた記事を載せます。

もちろん、昨日の授業の復習をしたい方も是非ご覧ください

授業を受けたかったのに来る事が出来なかった方々へ

まずはこちら。コミュ障の改善方法3選です。私が実際にやっている事や客観的に見て有効かも知れない方法をまとめています。

次に初対面でも話せる話題3選です。いざ話しかけようとしても挨拶で終わってしまう、話す話題が思いつかないそんな方はこちらをご覧ください

そして3つ目はいざ話しかけてみる時、注意したほうがいい絡み方についての記事です。

そして授業では触れませんでしたがVRChatイベントやコミュニティに参加するメリットや実際に所属してみてどうだったかをまとめたのがこちらです。

これらの記事が皆さんの悩みや問題を解決する糸口になれば幸いです。

まとめ

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】

いかがだったでしょうか。今回の授業に至るまでの準備や授業中に私も人に伝える事の難しさと言葉のチョイス方法の勉強が出来たと思っています。

授業でも申し上げた通り、私も軽度ながらコミュ障です。きっとこれからもトライアンドエラーをしながら改善を続けていくと思っています。ですので、皆さんも挫けても折れそうになっても改善する気持ちと時々休む事を忘れないでください。

探し続けていれば自分の肌に合う居場所が見つかるはずです。もしくは気づけばご自分の周りに人が集まっているかもしれません。

折角VRChatの世界に来たのですから、楽しく生きられる術を考え、行動してみてダメでも少し休んでまた楽しい事を探して生きていきましょう。

あ、個人的にお話したいとかで全然Joinしてください!金土日は特にイベントの取材に行っている可能性が高いです!是非一緒に楽しみましょう!

今回はコミュニケーション関係についての記事にはなりましたが普段はVRChatのイベントやカルチャー関係の記事を沢山書いてます。VRChatイベントカレンダーやTwitterなどでの宣伝だけではわかりにくいという方は是非私の記事をご覧になってみてください。

それでは次回の記事でお会いしましょう!ばいばい!

【VRChat初心者向けイベント】私立VRC学園で先生をやった理由【VRSNS】