【VRChat】お砂糖関係のメリット・デメリット【VRSNS】

【VRChat】お砂糖関係のメリット・デメリット【VRSNS】

皆さんこんにちは、そばえです。

6月も始まって、一年の半分が終わろうとしています。非常に早いですね。歳を重ねるごとに一年経つのがあっという間になっていく気がして、その点においては歳はとりたくないなと思ってしまいますね。

さて、今回は以前概要的にお話したお砂糖関係について少しだけ深掘りして、そのメリット・デメリットを客観的に考えて、今現在お砂糖を含む人間関係に悩んでいる人や、周りがお砂糖している事で心なしか焦っている人への参考意見として読んで頂ければと思います。

良い記事だなと思ったら是非拡散協力よろしくお願い致します。

【VRChat】お砂糖関係のメリット・デメリット【VRSNS】

【VRChat】お砂糖関係のメリット・デメリット【VRSNS】

お砂糖とは

まず「お砂糖」とは、お砂糖のように甘い関係を表す言葉で、主に「パートナー」となったVRChatユーザー同士がSNSなどを通じて報告したりします。

ただお砂糖関係と言っても一概にVR上でのカップルとは言い難く、相棒親友のような関係やカップル関係がVRChat外に影響するか否かまでざっくりだと3種類程度あると私は考えています。

お砂糖関係に関する概要とそれによる問題、解決方法については下に記載してある記事をご覧ください

では次に、実際にお砂糖関係になるメリットとそうなる事に向いている人(性格)を紹介します。

VRChatにおけるお砂糖関係のメリットと向いている人

まずはお砂糖関係のメリットを説明と共に挙げていきます。

①寂しい時や疲れた時などの癒やしになる

仕事や学業と大変な日々を送っている人ほど癒やしは必須ですが、癒やしになるものが人とのコミュニケーションだったりする人にはお砂糖関係はメリットといえるのではないでしょうか

②切磋琢磨出来たり、気軽になんでも話せる

割と理想像に近いのかもしれませんが、普通のフレンドさんよりは深い話が出来やすい関係であると思うので相手が自分の頑張るモチベーションとなったり、話しにくい悩み相談も出来やすい環境にあると思います。

③孤独を感じにくい

一人でいると途端に寂しくなったりはしますが、お砂糖相手がいると思うと案外気楽になれるものです。加えて他のお砂糖関係の方々が何かやっていてもあまり動じなくなったりします。

以上の事を踏まえてお砂糖関係に向いている人は

・人とのコミュニケーションが好きな方

・心身が疲れて癒やしが欲しいし、疲れている人を見ると癒やそうと出来る方

・お相手の活動で刺激を受けたりプラス方面に昇華出来る方

ではないかと思われます。もちろん感じ方や他のメリットを含めるとまた増えたり、少しニュアンスが違ったりするかもしれませんが私が思うのはこの3つのいずれかに当てはまる方です。

VRChatにおけるお砂糖関係のデメリットと向いていない人

では逆にデメリットはなんでしょうか。見ていきましょう。

①依存性が高い

良くも悪くもお砂糖関係という括りに入れば、依存性は高くなります。全員が全員一概に依存しているわけではなく、あくまで可能性の話です。

これが共依存ならばお互いにとってメリットなのかもしれませんが、どちらか一方がそこまで依存していない場合は関係が拗れる原因となるかもしれませんね。

事前の摺り合わせと継続的な話し合いが必要になってきます。意識的なところ、相手への理解というところでお互いの向上心が試されますね。

②拘束時間が発生する

お砂糖関係の相手と二人の時間をつくるという事は、その分の時間を割く事になります。(これももちろんお二人の摺り合わせ次第で、どうにかなります)

拘束時間と言ってしまえば、確かに拘束される時間はあるので、これまた片方がそんな気分ではない時に時間を割く、ではなく割かなければならない、となった時が疲れる気がしますね。

二人の時間をとりたい時じゃない時はハッキリと伝えてみるのも手かもしれません。お互い譲歩しあってちょうどいいタイミングをつくってみてはいかがでしょうか。

③一人でいると辛くなる時がある

相手によっては多忙な時期、仕事でいうと繁忙期と言いましょうか。こういう時期だとなかなか相手と一緒の時間をつくる事が出来ない事があります。

この場合だとどちらかが耐えられなくなったりするものですが、繁忙期を乗り切った先は1回は絶対会える時間が来るはずなのでその時にしっかりと二人の時間をつくっていけば大丈夫ではないでしょうか。

これらからお砂糖関係に向いていない人は

・意見の押しつけをしてしまう人

・相手を気遣えない人

・お砂糖以外に拠り所がない人

かと思います。意見の押しつけや気遣いが出来ないのは理由を言うまでもなくですが、お砂糖相手がいざ忙しくなった時に他に寄り添えるコミュニティや遊び相手がいないのはお砂糖関係に影響を及ぼしかねません。

その大事さについて書いた記事を下に貼るので気になる方は読んでみてください。

VRChatでの風潮と焦る必要はない理由

VRChat上でのお砂糖報告がSNSで流れてきたりして、焦ったり、「自分もお砂糖相手作らなきゃいけないのかな」と悩んだりする人もちょくちょく見受けられますが、結論からいうと「焦る必要はどこにもない」というのが私の意見です。

リアルのお付き合いや結婚とそこらへんは同じで他の人にそこまで合わせる必要性はないし、その関係性だけを羨んで焦ってお砂糖になったとしてもそれは『ただのアクセサリー』になってしまうのではないでしょうか。

お砂糖関係になる事でメリットはありますが、同時にデメリットも考えて、そのデメリットが自分にとってどう影響するかまでを吟味した上で、決めるように心がけてみてください。

【VRChat】お砂糖関係のメリット・デメリット【VRSNS】

自分の性格は自分が知りやすいですし、分からないところは人から言って貰えたりもします。その性格とお砂糖が果たして相性が良いのかどうかを十分に考えて、自分にとって一番いいVRChatライフを送ってください。

合わせない事を無理してやろうとするといつか自分を壊してしまいかねません。

焦る事はありません。良縁は無理してつくるものではなく、行動を起こしていたら出来るものです。

ゆっくり考えながら、のんびりと楽しく過ごして、縁があったらお砂糖になるなど、VRChatなどのバーチャル世界ではそのくらいの気楽な考え方で生きてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがだったでしょうか。VRChatなどのVRSNSはお砂糖が全てではない事を皆さんはご存じかと思います。ですから、お砂糖報告ラッシュだからと言って焦らず自分の生き方にあったやり方で過ごすのが一番ではないでしょうか。

お砂糖がいなくたって死んだりしません。

フレンド同士やグループなどコミュニティ、ワールド巡りなどの目的などがあればVRChatは基本的に楽しい場所です。

お砂糖は調味料。あくまでVRChatの人生に少しアクセントを加える程度、という感覚で見てみるとその焦りも少しは解消されるのではないでしょうか。

それでは今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございました!次回の記事でお会いしましょう!ばいばい!